日本エスシー
電話 お問い合わせ

 

 会社概要



  ◆理 念

本社  当社は、業務用厨房の排気設備(ダクト)にかかわる防災と環境改善に取り組み、常に時代の先駆けとして、システムを提供してきました。
近年、特に外食産業、食品産業など「食」を提供する産業において「食品の安全性」を改めて徹底すべくさまざまな改善及び管理が行われ、膨大な費用と「人」が必要となっています。
一方では調理中に排出される排気は「油汚れ、臭い」という実質的な不快要素と、それに伴う「ダクト火災」という不安要素を持ち合わせています。
 当社は、日本で初めて水をフィルターとする「アクアクリーンシステム」を誕生させ、日本国内及び台湾内でこれまで17000台以上販売してきました。食品工場から個人経営のレストランまでさまざまなユーザーに御利用いただいております。「何事もなく平穏であること」とは、安全の上に築かれる状態の事なのです。そして、その安全を維持することが実はもっとも大切なことです。だからこそ安全は、「毎日生産されるもの」でなくてはなりません。
 安全を生産するためには機械を提供するだけでなく、そこに「人」がかかわり当社の提供する「安全システム」となります。
日本エスシーの 「SC」は、Safty & Clean のことです。当社が今までやってきたこと、そしてこれからもやり続けることは安全を通じて社会に貢献することなのです。


  ◆概 要

会 社 名
日本エスシー株式会社
本社
〒102-0083 
東京都千代田区麹町4-4 麹町シャインビル3F
TEL 03-3221-7911(代表)  FAX 03-3221-7914
中部支社
〒446-0059 
愛知県安城市三河安城本町1-31-2NCDビル1F
TEL 0566-72-5220  FAX 0566-72-5221
関西支社
〒530-0012
大阪府大阪市北区芝田2-8-11共栄ビル2F
TEL 06-6373-6487  FAX 06-6373-6488
東北営業所
〒985-0853
宮城県多賀城市高橋2-11-13-201
TEL 022-253-7953  FAX 022-253-7954
会社設立
昭和59年2月
資 本 金
50,000,000円
役員構成
代表取締役社長 新井  ひろみ
取締役最高顧問 宮原  茂昭
取 締 役 常 務 藤田  光昭
取 締 役 常 務 小吉  孝信
取 締 役 浅見  大祐
取引銀行
三菱東京UFJ銀行 麹町中央支店・麹町支店・虎ノ門支店
三井住友銀行 麹町支店・日比谷支店
りそな銀行 市ヶ谷支店
みずほ銀行 日比谷支店
みずほ信託銀行 本店
営業品目
1.ACFを含めた給排気設備の設計、施工、保守
2.フード、ダクト、排風機の清掃、メンテナンス
3.油汚染、悪臭等公害防止対策のコンサルティション
特許関係
○ダクト内自走式掃除ロボット ○セラミックグリスフィルター
○強制集油塵装置 ○アクアクリーングリスセパレーター
○ノンダクト方式無煙焼肉ロースター ○フード型アクアクリーンフィルター
販売代理店
○セコムアルファ株式会社  
○株式会社テスコ ○三元管工業有限会社
○松山宮地弘商事株式会社 ○株式会社博多菱冷
○サンベック株式会社 ○昭和電機産業株式会社
○赤門ウイレックス株式会社 ○東都ビル整備工業株式会社
○日神工業株式会社 ○株式会社トーレイ
○大阪ウィントン株式会社 ○株式会社吉谷
○株式会社ダイリツ ○伊丹ダイキン空調株式会社
   
海外  
○集潔有限公司(台湾)  
業務提携先
○株式会社日本メタルワークス  
○フィルテック株式会社 ○二和商事株式会社
○株式会社芝浦電子 ○日本メッシュ工業株式会社
海外  
○台湾エスシー喜企業有限公司(台湾)  
沿 革
昭和59年
2月
会社設立
 
3月
業務用厨房の安全システム「SCワーニングシステム」開始
 
3月
ダクト用掃除ロボット開発(特許申請)
 
8月
東京都新発明開発助成金交付される
昭和60年
11月
ノンダクト方式による無煙焼肉ロースターの開発 発売
 
12月
多孔質セラミックグリスフィルター{SCGF(特許申請)}の開発、システム販売開始
昭和61年
2月
(株)泰正と販売業務提携
 
4月
資本金5,000万円に増資
 
5月
水を利用したオイルミストセパレーター開発着手
昭和62年
8月
水過流バブリング方式グリスフィルター(特許申請)
昭和63年
6月
「昭和63年第一回債務保証」受賞
(財団法人研究開発型企業育成センター)
平成元年
1月
ACF内蔵型フライヤーの開発
 
1月
二和商事(株)と業務提携
 
2月
ACFコントロール装置開発着手
 
2月
セコム工業(株)と業務提携
 
5月
フード型アクアクリーン開発着手(実用新案申請)
 
7月
システムキッチン用アクアクリーン開発着手
平成2年
2月
第15回発明大賞「千葉発明功労賞」受賞
平成3年
2月
第一回フロンティア基金助成金受賞(北海道拓殖銀行)
 
12月
台湾におけるACF特許専利権取得
平成4年
3月
火災予防条例準則に基づく防災設備性能評定「評4-008」合格取得
(財団法人 日本消防設備安全センター)
 
5月
各都道府県消防主管部長あて「消防防災用設備等の火災予防条例準則におけるACSの取り扱いについて」消防予第111号通達される。
 
11月
「ニュービジネス大賞 奨励賞」受賞(財団法人ニュービジネス協議会)
平成5年
9月
横浜支社開設
 
12月
ACF英国特許出願No.9320057.4
平成6年
10月
SECOM(株)と共同開発「トマホークJET・アクア」発売開始
平成7年
2月
実用新案登録第304734号
 
5月
ACF特許取得 特許番号第1929802
 
11月
実用新案登録第3021288号
 
11月
ポケットカンパニー「ニュービジネス大賞」銀賞受賞(実業之日本社)
平成8年
1月
ACF勧告特許公告される。出願NO.89-3274
 
2月
ACF中国特許公開。No.1116700
 
3月
松下電工(株)と提携
OEMにより「メンテフリー・レンジフード」の製作 発売開始
 
4月
科学技術庁長官賞(科学技術振興功績者)受賞
 
7月
韓国特許取得 特許No.第2530592号
平成9年
4月
アクアクリーンシステム契約販売開始
 
7月
第5回中小企業ニューフロンティア賞「社会貢献賞」受賞
(日本工業新聞社)
 
7月
特定新規事業実施円滑化臨時措置法第6条に基づく
「特定新規事業確定書」受賞(通商産業大臣)(産業基盤整備基金)
 
11月
中部支社開設
平成12年
12月
大阪営業所開設
中部支社移転
平成14年
6月
中国特許登録 No.ZL94108966.5
平成22年
2月
大阪営業所を関西支社に昇格
平成27年
8月
東北営業所 開設


  ◆提携製造工場

■提携製造工場
日本エスシーのアクアクリーンシステムは、通常の換気システムとは異なり、「水」をフィルターとした製品である為、その工作精度がとても重要となります。
弊社提供の製品は、こうした工作精度をしっかり維持する為、新潟県の日本メタルワークス社と業務提携し、高い次元で安定した品質の維持に努めています。

※写真は、株式会社日本メタルワークス(新潟工場)


  ◆東京本社地図




  日本エスシー  
Copyright 2015 SC JAPAN Co.ltd All Rights Reserved.